コールセンターに強い派遣会社ランキング

コールセンターに派遣として働きたいなら

コールセンター業務は正社員だけどなく派遣社員を積極的に採用する会社が多く見られます。こういったケースではハローワークよりも人材派遣会社に登録したほうが適した求人を探しやすいです。

コールセンターに強い派遣会社で代表的なところはテンプスタッフが挙げられます。求人数は業界トッップクラスを誇りますし、希望条件にマッチングしてくれるサポート体制が多くの転職成功実績を築いています。

コールセンター派遣の求人も豊富!派遣会社ランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
テンプスタッフ 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
テンプスタッフは、創業約40年以上となる企業で、現在はテンプグループとして業界トップクラスの求人数を誇っており、派遣、紹介事業など人材サービスを幅広く提供しています。コールセンターの仕事も『テレマーケティング』という呼び方で多くの仕事が紹介されています。テンプスタッフではライフスタイルに沿った働き方や、経験やスキルをもとに自分に合った仕事を見つけられます。雇用契約を結んだ後、各企業に就業、給与はテンプグループから支払われます。何か困った事があった時は、担当者に相談できるので安心です。テンプグループが運営しているジョブチェキ!派遣求人検索サイトでは、全国各地から希望のエリアを指定してコールセンターの求人を探すことが可能です。

リクルートスタッフィング 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
リクルートスタッフィングは、大手有名企業など、優良企業の取り扱いが多いです。専任のジョブコーディネーターのサポートにより、就業経験がない方や派遣として働くことが初めての方も、自分に合った仕事を探せます。また、インターネット研修やクラスルーム研修などが用意されていて、幅広い内容のスキルアップ研修を受けることができます。他にも、TOEIC やMOSをはじめとして、様々な資格取得支援があります。『テレコミュニケーター』としてコールセンターの求人も取り扱っており、大手企業のコールセンター求人の情報も数多くあります。

オー人事ネット 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
オー人事ネットは、希望する条件をもとに、自分にぴったりな仕事を提案してもらえます。また、簡単なスキルチェックも行ってもらえるので、より自分に合う仕事を見つけることが可能です。豊富な仕事情報があり、中でもデータ入力やコールセンターなど、オフィスワークの仕事が多くあります。登録後は電話や公式サイトのマイページからいつでもキャリアについての相談をすることができるので、仕事探しやこれからの働き方について1人で悩むことがありません。目的やレベルに合わせた豊富な講座があり、スキルアップやキャリアアップを目指すことが出来ます。OAやビジネスマナーなどの基本スキルを身につけられるビジネススクールもあるので、コールセンターで働く時に役立ちます。職種から仕事を検索することができ、『電話業務』という項目から希望エリアを指定すると様々なコールセンターの求人を見ることができます。比較的大人数の募集をしている企業や研修がある企業など、自分が働きやすい職場を選ぶことが可能です。

コールセンターは派遣多い?

コールセンターは派遣で働いている方も多いです。その理由としては、正社員が電話の応対をしようとすると、1日中電話にばかり対応していることができないため、何等かの事象が起きた場合に不慣れであるということが挙げられます。また、派遣だとすぐに欠員を補充することが可能とであるという点も理由の1つです。それに、通常のコールセンターでは、覚えてしまえば明確なものなので、特段に知識が必要というわけではないという点も理由です。正社員となると、進行や進捗状況などを考えて改善していくことや、昇進できるための経過となる業務に取り組むこともあり、知識があまりない電話対応の仕事にかかりっきりになることで、自身の本来の業務に集中できないという例も起こるでしょう。

コールセンターでの電話応対の業務は、派遣社員として雇われていれば、本人が適任ではないと判断されるとすぐに契約が打ち切られることがあります。業務内容もマニュアルがあるため、企業としては専門的な知識を要した社員を育てる必要はありません。派遣を雇用することにより、適任を選べば良いだけであるという点も、派遣が多い理由と考えられます。

コールセンターの派遣の求人が多い理由は、クレームを受けたりする業務などで、精神的にストレスが溜まることがあるため、辞める方も多いためという現状があります。ただコールセンターの求人で特に多いのは、かかってきた電話を受ける種類の業務ではなく、こちらから営業などの電話をかける業務です。

コールセンターで派遣として勤務するなら、求人が多い時期を狙いましょう。それは、年度の切り替わり時期か異動が多くなる時期とされています。要するに、3月から4月、9月から10月が該当するのではないでしょうか。とはいえ、求人数が増加すると言っても、必ずしも採用されるとは限りません。求人が多いことで目的とする職場を見つけやすくなるかもしれませんが、こうした時期に求人が増加する点は広く周知されているので、応募をする人数も多くなります。その様な点から、あえて時期をずらして他の方よりも条件の良い職場を探す手段もあるでしょう。

派遣社員としてコールセンターの仕事を探すなら、その仕事内容も重視しましょう。派遣だと専門的な仕事を任せてもらうのが簡単ではないとされていますが、もし人材が不足しているなどの理由がある場合、重要な業務を任せてもらえる可能性があります。そこで結果を出せば正社員の道も見えてくるので、仕事内容もカギとなるのです。

コールセンター派遣の求人倍率?

コールセンターの派遣の方の求人倍率はどの様になっているのでしょうか。派遣を含めコールセンターは大量募集されるケースもあり、受かりやすいと言われることもあります。実際にコールセンターに勤務されている方の話にでは、以前勤務されていたコールセンターを受ける前に、神奈川県や東京都内において20社のコールセンターに不合格になったと言います。落ちてしまった理由は、仕事を求めて地方からやってきた方たちが殺到し、求人倍率が高くなったことも挙げられます。

また、愛知県の場合でもコールセンターには多くの募集が集まることで高い求人倍率となっているのです。面接をする際にも、落とすことを目的としてとても厳しくなるケースがあります。時給が良いこともあってか、コールセンター全体としては主婦や学生といった層も多く応募してくるのですが、すぐに辞めてしまうといった事も見受けられます。そういったことから、派遣の方の枠も少なくなる傾向があるかもしれません。

もし、未経験であり応募者の少ないコールセンターを希望されるなら、業種は消費者金融系はいかがでしょうか。職種では、クレーム対応をするものや発信業務、時間帯は夕方以降や夜勤といったものが当てはまります。逆に、勤務地が駅から近い場合などには通勤の利便性から応募者も多くなる可能性があります。

高倍率の中でも派遣としてコールセンターに勤務をしたいというなら、派遣会社も日払いや週払いを避けて月払いの会社にすること、受信業務ではなく発信業務にすること、都内だとしても都市部である新宿などではなく、江戸川区や23区以外などを選ぶことがポイントになります。もし30代以上の方で年齢が気になるようでしたら、年齢不問としているコールセンターや、30代や40代も活躍している旨を掲げている求人を選ぶことがカギです。

2016年のデータでは、全国各地のコールセンターの求人倍率を見てみると、1月の時点で沖縄は0.90倍であり8月では1.00倍と計測地点では最も少なくなっていて、6月や7月に比べやや減少傾向にあると考えられます。計測地点の中でも倍率が他地点に比べて倍率が高くなっているのは東京都です。2016年1月の段階で1.88倍となっていて、6月の時点で2.05倍と最高になっていて、8月は2.01倍と僅かながらに減少するに留まっています。3月の1.95倍よりもさらに厳しい状況になっていることが伺えます。


Copyright (C) 2017-2018 コールセンターに強い派遣会社ランキング All Rights Reserved.